2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

固定ページ

Links:

出前をバイクで行く理由

出前というと、ほとんどの場合がバイクでくると思います。車の方が一度にたくさん運べて便利のように思いますが、車ではない理由がいくつかあります。それは、車ではない方が小回りが利き、細い道に面した住宅にお届けをする時に、少しでも近くまで進むことができるからです。理由はそれだけではありません。配達用のものは、一般の人が乗るような二輪のような物ではありません。出前で使うものは、全てがバランスがより安定して保つことのできるジャイロバイクです。これにより、安全かつ、スピーディに商品をお客様のもとまで運ぶことが可能になります。また、出前の商品とは、大体のものができたての熱々の商品である、ピザやカレーなど冷める前にお届けしなければならなかったり、お寿司のように鮮度を落とさずにお届けしなければならないものなど、料理が完成してからすぐにお届けをしなければなりません。そのため、車であると一度にたくさん運べるのは確かに便利ですが、その分あとに運ばれるお客様のものは苦情がくるぐらい冷めていてもおかしくありません。そのため、冷めたり鮮度が落ちる前に少量ずつ運べるバイクが宅配に適しているのです。今は、インターネットや電話一本で注文ができるので、とても便利です。使ったことのない皆さんも、是非一度使ってみてはいかがでしょうか。

出前に使われるバイクの変化について

食品の配達に使われるバイクと言うのは大概4ストロークのエンジンを持つものが使われますが、それにはきちんとした理由があります。オートバイに使われるエンジンは大きく分けて2ストロークと4ストロークの二種類がありますが、2ストロークと言うのはガソリンと一緒にエンジンオイルも一緒に燃やすので排ガスが相当臭うものです。よく街でオートバイが煙を吐き出しながら走っているのを見かけると思いますが、あれが2ストロークエンジンの特徴と言えるでしょう。さて仮に臭い排ガスを撒き散らしながらラーメンを運んできた出前があったとしたら客としてはどうでしょうか。もしかしたらラーメンのどんぶりにだって排ガスの臭いがうつるかもしれないし、誰だってそんなラーメンは食べたくなくなるのではないでしょうか。したがって出前に使われるオートバイは必ず4ストロークでなければならないわけですが、最近ではその風向きがやや変わりつつあります。それは電動バイクの登場で、いずれは出前に使われるバイクはすべて電動式に取って代わられることになるのは間違いありません。4ストロークエンジンが臭わないと言ってもそれはあくまで2ストロークエンジンと比較しての話なのだから、電動式のオートバイが出現した以上そちらが配達の主流になるのは避けられないのではないでしょうか。