2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

固定ページ

Links:

出前で最も有利なバイクという乗り物

飲食店において、物を配達する時に一番活躍してくれる乗り物とは、一体何でしょう。自動車と答える人は多いですが、それ以上に便利な乗り物は、やはりバイクだと言えます。飲食店の注文はいわゆる出前という事になりますが、何と言っても注文するお客さんはお腹をすかせている状態です。なので、迅速に商品を届けてしまわなければ、その分反感を買い易いので、是が非でも急いで届ける必要がある訳です。そう言った意味でも、渋滞に左右されず、スピーディーに届ける事が出来るバイクは非常に利便性が高いと言えるでしょう。もちろん、経済的な面などを考えてもトータルで考えれば、軽自動車などもお勧めです。事実、店名を車の横にペインティングし、その軽自動車を配達用として使っている店舗はなかなかにあります。燃費も良いのでこちらもお勧めですが、機動性の事を考えればやはりバイクという事になるでしょう。他にも出前に関しては、自転車などといったものも考えられます。要は二輪駆動車であれば、どんなに細い路地でもだいたいは入って行けるので、とても凡庸性があるのです。出前をスムーズに行う事が出来ればきっと、沢山のお客さんからの信頼を得る事が出来るでしょう。

バイクで出前のサービス

出前は、日本独特の文化だと聞いたことがある。通常料理屋として経営している店が、バイクで運ぶことが出来、かつ料理が劣化しない範囲で料理のデリバリーサービスを無料でする業態は日本だけだという。ここでいう料理の劣化は、麺類が伸びてしまうこと等である。最近は、料理を出前するだけの業態が海外でも見られるが、それは、通常は料理屋としての経営をせず、デリバリーサービスのみである。デリバリーサービスのみでは、料理を作っている人の顔が見えず、ちょっと不安を感じる。誰が作った料理かわからないのは、不安なものである。その点、通常は料理屋として営業しているのであれば、時々その店主の顔を見ることができ、しかも、バイクで配達してくれる人が店主の場合は一層安心して料理を食べることができる。このように日本の出前は、料理する者と客との信頼関係のもとに成り立っている。また、バイクで短時間に配達できる範囲であるから、ご近所付き合いの一形態とも言える。最近は、老人の一人暮らしが多いので、このような信用できる配達員とのコミュニケーションは大事である。配達員は、そのような老人の監視役的な役割も担っていると思う。この日本独特の良質の文化は無くさないようにして欲しい。